Benefit Exhibition for XYZ Collective

"Cool Invitations 5"

 

The time has come for the annual "Cool Invitations" exhibition at XYZ Collective. Paper exhibition invitations may seem old fashioned and out of date but they still function very well. We will have achieved our aim if visitors to this show feel a sense of longing and excitement towards the exhibitions represented in the presented invitations. When this response has been generated - the invitations themselves will truly function as active parts of the exhibition. The annual participants, friends of XYZ Collective and The Steak House DOSKOI including artists and curators/gallerists, designed "imaginary" invitation cards for exhibitions both impossible and possible or just a dream.... these "imaginary exhibition invitation cards" suggest that anyone may now make an exhibition invitation when, for whom and however they may want.

 

 This exhibition serves as a benefit for the wide range of XYZ Collective activities. The invitation as artworks by artist are placed on sale. In Japan, spaces such as XYZ Collective - not entirely a commercial gallery, not exactly an artist-run-space are quite rare and difficult to maintain. Yet XYZ Collective has managed to further interest in their aesthetic through projects such as a curated show "Kiss in Tears" with Freedman Fitzpatrick in Los Angeles, the presentation of a show with Los Angeles based artist Puppies Puppies, Tokyo Based artist Maki Katayama, Norway based artist Ida Ekblad.

XYZ Collective has participated a project booth at Nada Art Fair Miami beach and has as well been awarded the Aspen Insurance project grant from Nada. Also, their new trial this year will be participation in Paris Intenationale. Always bring new contemporary  ideas to an international stage.

 

***********

XYZ Collectiveのためのベネフィット展

「クールインヴィテーションズ 5」

ヴァイト・ローレント・クルズ

ヘニング・ボウル

ウィル・ローガン

アレキサンダー・ノエル

パピーズ・パピーズ

ベン・シューマッハー

松原壮志朗

ミヤギフトシ

八重樫ゆい

大野晶

MISAKO & ROSEN

柴田都枝

兼平彦太郎

 

キュレーション:ローゼン美沙子&ジェフリー

コレクション協力:マシュー・ヒッグス

 

毎年恒例の「Cool Invitations 」の季節がやってまいりました。

デジタル化の波に押しやられ、招待状が紙で届くのが古くさい時代になりましたが、招待状を送るという機能はメールになってもまだ残っています。この展覧会にて、訪れた人がコレクション展示された招待状を見て、さまざまな過去の展覧会を思い出してもらえたら嬉しいです。

その時に紙の招待状は、展覧会の一部の役目を果たしている事になるからです。恒例になった展覧会の参加者には、まったくの想像上の招待状を考える事をお願いしました。不可能でも可能でもある展覧会、単なる夢の招待状、これらの「想像の展覧会の招待状」は、アートに関わる人なら誰でも考える事ができます。

 

「クールインヴィテーションズ 」展とは

 

本展覧会は、XYZ Collectiveの活動繁栄のために行われるベネフィット展覧会です。アーティストが手がけた作品としての招待状を販売いたします。日本では、まだ完全にコマーシャルギャラリーではないような、XYZ Collectiveのようなアーティストランスペースが活動していくのは、非常に難しい課題です。このベネフィット展を通し、本年度は、ロサンゼルス在住のアーティスト、パピーズパピーズの個展、東京を拠点にする片山真妃の個展、ノルウェー在住のアーティスト、イダ・エクブラッドの個展等を開催しています。

また、海外での活動としては、昨年末にマイアミで開催された「NADA ART FAIR」のプロジェクトブースに参加、同時にNADA ART FAIRが設けたアスペン・インシュランス・プロジェクト・グラント賞を授与した他、今年の夏にはロサンゼルスのギャラリー、フリードマン・フィッツパトリックにて「Kiss in Tears」展をキュレーションしています。

本年度は、NADA ART FAIR マイアミに続き、新たな挑戦としてパリで開催予定の「Paris Internationale」に参加いたします。常に日本のアーティストを国際的なプロジェクトに招聘する役目も担っています。

 

★販売予定のないキュレーター、ギャラリーのインヴィテーションは抽選で当選した方各1名づつに差し上げます。ご希望の方は、お名前を当日展覧会会場の抽選ボックスに名前を紙に書いてお入れください。海外などから抽選会に参加希望の方は、事前にメールにてお知らせください。締め切りはオープニング当日の17:00です。